黒い感情に飲み込まれる

黒い感情に飲み込まれる。
そういうとことはよくあることだが、人の前では最近はなかった。
でも今日は彼女の前でこの感情に飲まれてしまった。
この感情に飲まれてしまうと過呼吸になってしまうのと周りが見えなくなるのがあります。
この感情のことは昔からの付き合いでしたがいつもは独りになった時でした。
ですが何でこのときに……
事の発端は彼女との出会いでした。
彼女はまるで僕にとっては天使を見ているかのような存在でしたが、なぜかといううと……
彼女はいろいろな人に分けへだれなく接していました。
僕にとってはそれが理解出来ませんでした。
なぜって、僕にとってはいつも自分ひとりの世界に閉じこもっているほうが楽だったからです。
そして時に黒い感情に飲み込まれながらも生きていくそれだけで精一杯だった。
他に気を配るなんて発想はもともと持っていなかったのです。
そして少しずつ近づいていった僕らは今は二人でクラスの買出しに来ている。
もう直ぐ文化祭があるからだ。
その買い物の途中、その黒い感情に襲われた。
まさか、このときに前触れもなく襲われるなんて……
どうにも出来ずにうずくまっているだけの僕に彼女が抱きついてきました。
『大丈夫、一人じゃないから怖くないよ』と
少しずつでしたが平凡を取り戻していった僕は彼女にお礼を言いました。
彼女ははにかみながらそのお礼を聞いてくれした。
彼女が何でみんなに優しいか分かった気がします。
一人がいかに辛いかが分かっているからだと思いました。

  • ライブチャット検索.net
    ライブチャット検索ならココがオススメ!
  • ・テレフォンセックス.com
    テレフォンセックスを心行くまで堪能してください。

関連記事

Filed under: 日記 — admin 1:40 PM  Comments (0)
2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031